当日販売チケット 買い方

当日販売でチケット・当日券を手に入れる方法【買い方】

当日販売チケット(当日券)の買い方・取り方!

 

欲しかったライブ・コンサートチケットが売り切れてしまったら、他に購入する方法はないのでしょうか?
もうこれは、公演当日の可能性にかけるしかありません。

 

チケットの先行販売や一般販売が終了して前売りチケットが完売した場合でも、当日販売(当日発売)が行なわれることがあるのです。

 

残念ながら毎回・毎公演で発売されるとは限りませんが、キャンセルされたチケットや追加された席を当日券として購入できる可能性が残されています。

 

 

当日券とは、どんなチケット・席?

 

ライブの当日券は最初から用意されているのか、余っているチケットが販売されているのか気になるところですが、あまり人気のないコンサート・公演の場合でしたら基本は売れ残りチケットですね。

 

ですが、前売り券がソールドアウトしているような人気ライヴの場合は、キャンセルされたチケットや新たにスペースが取れた席などが当日券として販売されます。

 

電話予約や前売り販売などでチケットが規定の枚数分「売り切れ」てしまっても、予約後にコンビニやプレイガイドで引き換えをしない人が毎回どうしても何パーセントかは発生するみたいなのです。いわゆる予約無効チケットというやつですね。

 

そういった指定期間内に支払いや引き換えがないチケットの予約は無効となって、その座席はめでたく(笑)再販売されるのです。

 

小規模な会場ならまだしもアリーナのような収容人数が大きい会場だとこういったチケットキャンセルの数%が相当数の席になるため、当日券として売り出されます。

 

また、ステージプランの変更で増席するケースや、舞台装置設置で死角になって見えにくいと思っていたスペースが、実際にセットしてみたら意外と大丈夫だった場合などにあらたに作られた席。

 

あるいは花道を作って実際にイスを置いてみたら席に余裕があった場合など、そこに追加で作った座席が当日券になることもあります。

 

ステージ上に「オンステージシート」として観客を入れた場合などは、そのオンステージに当選された人の席が空いて当日販売されることもあります。

 

それ以外では、ステージ裏が開放されることもありますので、当日席にもいろいろな種類の座席があるようで公演当日に座ってみないと分からないですね。

 

そして、関係者や招待客用に確保していたけれど来場されず、売りに回された席が当日発売される場合などは、思いもよらず良席になることもあるようです。
しかしこればかりは、狙って取得できるというよりは「運」ですね運。笑

 

 

当日チケットの販売情報

 

ライブ・コンサート公演日の約2日前くらいに当日販売情報が案内されるようですが、公演によっては前日・当日あるいは直前の案内になる場合もあります。

 

また、販売方法や受け付けの仕方などは公演によって違いますので、オフィシャルサイト・アーティストHPや特設サイト、プレイガイドや主催者情報をしっかりと確認しましょう。

 

特に主催者側は電話で一つひとつ問い合わせをされると面倒ということもあって、テレホンサービスで当日券の販売予定を録音で流したり、プロモーターサイトなどで発表していますので、それをチェックするとよいでしょう。

 

また、主催者によってはコンサート公演の2〜3日前から電話予約を受け付けることもありますが(当日券料金、当日会場渡し)、これもあまり大きな告知はしていないことのほうが多いので、とにかく公演の数日前になったら電話で問合わせてみることをオススメします。

 

また「当日券の販売なし」となっている場合でも、先述のとおり公演当日に若干枚数の発売がされることもあるので、直接会場に行ってみる、という選択肢もあります。

 

ただし、ツアー・公演の人気度合いによっては取得できる確率があまり高くないのと、早く会場に足を運んで並ぶ必要性も生じてきますので、リスク・デメリット等があることを認識しておく必要があります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ライブ・コンサート当日券の発売開始と並ぶ時間

 

当日券を取るために何時から、どれくらいの時間を並べばよいのか、気になりますよね。

 

ライブ公演にもよりますが、当日券の発売時間は一般的に開場の30分前くらい前から開始されることが多いようです。
開演時間から計算すれば、開演1時間前くらいに発売開始かと思います。

 

WEBサイト上に案内がなければ、主催者(プロモーター)・会場(ライブハウス等)に直接問い合わせて事前に確認をしましょう。
*開場前ではなく、開場後に販売開始になることもあります。
*人気ライヴ・バンドの場合は、当日券を購入するにも予約が必要なこともあります。

 

そして、発売開始時間に向けて並ぶ訳ですから、少なくともその1時間前、開演の2時間前には並んでいたいところです。
もちろん、人気アーティストの公演だったら朝早く、それこそ始発電車が動く時間帯で会場に向かう必要があると思います。

 

ただし、早ければすべてよし、というわけではないのが悩ましいところです。
例えば、ライブハウスなどではイスが増やされたり、立ち見席でギリギリまで詰め込まれて入場できることもあるからです。こんな場合は早く会場に行っても意味がありません。

 

開演直前まで待たされて「席の持ち主が来場していないので、どうやら空きそう」と主催者が判断した場合に急遽売りに出されて、その空席が良席だったりすることも稀にあります。
そういった意味では、開演ギリギリの時間帯も狙い目となるわけです。

 

 

当日席の販売方法、受付の仕方

 

当日券が販売される場合は、開場までに並ぶ列が「前売り券用列」「当日券用列」と2つに分けられて誘導されることが多いです。

 

間違って並んで悔しい思いをすることのないように、会場スタッフの方にその場で列の確認をすることをオススメします。

 

開場の時間になったら前売り券を持参している人は入場し、当日券の列の人は購入してから「開場待ち列」の最後尾に並ぶというのが一般的な受付方法です。

 

前売り・指定席の人が全員入場した後に入場となりますが、自由席など整理番号で入場順が決められている場合は購入できても実際に入れるのは一番最後になります。

 

当日券を購入するために、どのように並べばよいのか、どうやって発売されるのか等の販売方法は、主催者や会場のやり方で違いますので、事前に分かることは調べていったり、会場のスタッフにも恥ずかしがらずに聞く、というスタンスが重要です。